本文へ移動

設計

 設計部門は、橋りょう、トンネル、土工設備(のり面工・擁壁等)駅ホーム等の鉄道土木構造物の新設、改良、補強、修繕にかかわる設計を行っています。また、鉄道と道路・河川等の立体交差及び平面交差箇所の構造部を設計し提供しています。そのた鉄道に近接する工事の影響解析なども実施しています。

鉄道構造物設計

橋りょう

 主に現地で橋りょうの状況と支障物等を調査・測定・写真等で確認を行い、調査結果等を基に設計図等を作成し設計条件を基に設計計算および数量計算等を作成し提供しています。
図面作成
設計図面

新幹線耐震補強

 新幹線高架橋や橋りょうの橋脚等の耐震性能の向上を図るため耐震設計を行っています。現地で調査・測量を行い、データ整理等を行い設計図面等を作成し提供しています。
図面作成
施工図面
新幹線高架橋耐震補強

トンネル

 災害等でトンネルに及ぼす影響度の解析は、トンネル周辺地山の安定性・影響等を数値的に表して提供しています。また、広成建設研修センターの実物大トンネルの設計も行いました。
影響解析
FEM解析

土工設備

のり面工

 主に災害等が発生した箇所を調査・測量・簡易貫入試験等を実施し、データ整理等行い施工図面等を作成し提供しています。
施工前
施工後

駅・ホーム

 駅の改良等に伴って、駅ホームの拡幅やこう上が必要な場合の設計を行っています。また、広成建設研修センターの実物大の駅ホームの設計も行いました。

研修センター平面図

研修センターホーム

橋上駅舎

 橋上駅は、駅舎機能をプラットホーム上階部分に集約した鉄道駅であります。駅機能の利便性の向上、駅改良によるバリアフリー化等の設計図等を作成し提供しています。
橋上駅舎一般図
橋上駅舎
TOPへ戻る